トイレの詰まりの原因は、症状と原因を突き止めることが大切です

トイレの詰まりの原因とは?

トイレのトラブルには、必ず原因が存在します。
いつ、どのように症状があるのか?突然起こったのか、予兆があったのかによって、そのトラブルが重度か軽度かを判断します。
軽度のトイレトラブルですと、自分で直すことも可能ですが、重度のトイレトラブルの場合は素人が手を出せるレベルではないことが多いのです。
症状とその症状が出始めた時期によって原因とトイレトラブルの進行度が違います。

トイレが詰まってしまったという時にチェックすべき項目

トイレの水が詰まった!

トイレの詰まりは、突然に起こるものと、経年による劣化や汚れの蓄積で起こるものの、大きく2つに分類されます。
突然起こるもので多い原因は、異物を流して詰まったというケースです。
トイレが突然詰まった場合、その前に何か異物を流していないかチェックしてみましょう。
自分で流した覚えがない場合、同居する方が流してしまっている場合や、お子さんがイタズラでおもちゃなどを流したというパターンもあります。
また、誰も何も流していない場合は、何かの拍子にトイレの中の飾り物やトイレットペーパーの芯が流れてしまった、ということもあります。

トイレ詰まりは突然に起こる場合とそうでない場合がある

トイレ詰まり、頻繁に起こりませんか?

1度きりでトイレの詰まりが解決するのであれば、軽度の症状だといえます。
ですが、トイレの詰まりが頻繁に起こる場合は、他にもその原因がある可能性が高いのです。
そういった場合は、原因を1つ除去してもすぐにまたトイレが詰まりを起こしてしまうことがあります。
業者に依頼してキチンと調べてもらったところ、様々なトイレ詰まりの原因が出た、ということは多くあります。
原因を全て除去しない限り、トイレの詰まりは2度・3度繰り返されることになります。

トイレ詰まりの原因によっては自分で直してはいけないこともあります

自分では直せないトイレの詰まり

トイレの詰まりを自分で直しても良いのは、確実に詰まりの原因がハッキリしている場合です。
たとえば、トイレットペーパーなどの紙類が詰まってしまった場合はであるとハッキリしている場合は、ラバーカップで詰まりを解消できます。
異物を流してしまった場合は、詰まっている箇所がどこかによって修理方法が異なります。
こういった場合は業者に依頼して、トイレ詰まりを修理してもらうのが得策です。


トイレの詰まりといっても、原因は様々でその箇所も色々です。
原因を突き止めた上で適切に修理をしなければ、根本的な解決にはなりません。
修理の方法を間違えると、詰まりがひどくなってしまったり最悪の場合は便器などをすべて交換しなければならない事態に発展します。
自分で直すよりも、業者に依頼をしたほうが、確実にトイレつまりを修理することができます。

トイレの詰まりの原因と異常個所を突き止め、適切に修理を行うことができるのは専門の水道業者だけです。
トイレの詰まりの症状が出始めたら、自分で応急処置を施すのではなく専門の業者に依頼するのが確実です。
トイレの詰まりの予防や主な原因、トイレつまりに役立つ情報などを掲載していますので、ぜひごらん下さい。