トイレの詰まりを予防するには、日ごろのメンテナンスが重要です

ご家庭でできるトイレ詰まりの予防法

1日に何度も使用するトイレは、使用する毎に詰まりの原因を蓄積させています。
水アカや尿石、溶けない紙類、ホコリなどがトイレの水を一緒に流れ、排水管に蓄積されていきます。
小さな汚れが日々溜まっていくことによって、トイレの詰まりが起こってしまいます。
日常、少し気をつけておけばこういった汚れの蓄積を軽減することができます。

トイレットペーパーを流しすぎないことがトイレ詰まりの予防につながります

トイレ詰まりの予防の具体策

トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っています。
しかし、いくら水に溶けるからといって1度にたくさんのトイレットペーパーを流してしまうと、トイレの詰まりを起こしてしまいます。
トイレの排水管はカーブがあります。
たくさんのトイレットペーパーがこのカーブの部分に引っ掛ってしまい、水の流れを悪くしてしまうのです。
沢山のトイレットペーパーを流す場合、何度かに分けて流すとトイレ詰まりを予防することができます。

トイレを流す水が少ない場合、トイレが詰まってしまうことがあります

トイレの水の量は適量ですか?

水道代を節約するために、トイレタンクにペットボトルを入れていませんか?
確かにこの方法は節水になりますので、水道代の節約にもつながります。
しかし、トイレを流す水の量が少ないとしっかり流れていかないのでトイレの詰まりの原因になることがあるのです。
また、しっかり流れていかないことによって排水管の中に汚物が溜まって悪臭に繋がることもあります。
過度な節水は控えた方が良いでしょう。

毎日のこまめな掃除がトイレ詰まりを予防します

尿石やホコリなども詰まりの原因になります

汚れやホコリ、尿石が排水管の中に蓄積しトイレ詰まりを起こしてしまうことがあります。
毎日使う場所ですので、必然的に汚れも溜まりやすいので、こまめに掃除をするようにしましょう。
尿石には尿石専用の洗浄剤を使うことをおすすめします。
また、トイレ内に溜まっているホコリや髪の毛もこまめに拭き取っておきましょう。


トイレの水を流す際、いつもと違うと感じたらそれはトイレ詰まりの前兆かもしれません。
トイレの配水管でトラブルがある場合は、集合住宅でしたら全部の世帯に影響を及ぼしてしまいます。
ご近所迷惑にならないようにも、トイレの詰まりは迅速に対応が必要です。

トイレ詰まりの予防方法は、下記のページに紹介していまうsので、ぜひ参考にしてください。
少しのことを気をつけるだけで、トイレの詰まりを予防して長く、安全にトイレを使うことができるのです。
それでも起こるトイレ詰まりは、『すまいる工房』にお任せ頂ければ迅速に修理させていただきます!