部品の劣化がトイレの水漏れの原因第一位です

トイレの水漏れの原因

トイレが水漏れをしている、その原因の第一位は「経年劣化」です。
1日に何度も使用するトイレですので、部品の劣化が起こるのは当然です。
排水管のジョイント部や管自体の劣化、トイレ本体やトイレタンクも劣化します。
トイレの配管は、単純そうに見えますが複雑ですので、劣化した部品を交換する、といっても、知識がない方が触るのにはハードルが高いものです。

トイレの水を流して、どこで水漏れしているのか見てみましょう

トイレから水が漏れている

トイレが水漏れしている場合、水を流してどこから漏れているのか確認してみましょう。
トイレの水漏れで一番多いのは、給水ホース管からの水漏れです。
トイレの給水管は、壁から出ている配管に止水栓が付いていて、分岐金具が設置されています。
分岐金具からトイレタンクに繋がっているパイプが給水管です。
この、給水管が繋がっているジョイント部の劣化がトイレの水漏れを起こしているケースはとても多くあります。
特に、トイレを使い始めて10年以上経っているご家庭で起こりやすくなります。

トイレの床が濡れている場合は、便器やトイレタンクが原因かも

気がついたら床がビショ濡れ!

トイレの床が濡れていて、止水管や排水管にも異常がない場合、トイレタンクや便器そのものが劣化している可能性があります。
タンクの手洗い部分のホースの劣化、手洗い管からホースが外れている、などのパターンです。
ホース部分はふとした拍子に外れてしまうこともあります。
外れた部分からの水漏れが、トイレの床を濡らしている、ということになります。
また、便器は陶器で作られていますので割れやヒビなどがあるとそこから水漏れを起こします。
トイレ掃除の際に、排水管や便器の周辺に異常がないかチェックしておくことが大切です。

トイレの水漏れの原因は、意外なところに潜んでいることもあります

特に異常はないように見えても…

目で見える範囲のトイレの水漏れの場合、原因の特定がわかりやすいので、修理も早くできあmす。
ですが、トイレの水漏れは目に見えないところに潜んでいる可能性もあるのです。
また、複数の異常が原因で水漏れを起こしていることもあります。
トイレの水漏れを修理するには、しっかりと原因を突き止めて、修理を行わなければなりません。


トイレの水漏れには色々な原因があります。どこからどのように水漏れを起こしているのかによって、修理の方法は異なります。
トイレも水漏れの原因を特定し、適切な修理を迅速に行うためには、専門の業者に依頼するのが良いです。
『すまいる工房』では、トイレの水漏れにもすばやく対応します。

トイレで水漏れが起こったら、慌てずに専門の業者に電話してください。
『すまいる工房』では、ご連絡頂いたら、まずはその場でできる対処方法をご説明し、すぐにお客様の元に駆けつけます。